東かおる/ Jazz Vocalist

 

received_10206974332580899  02-02

大阪府出身。英語教師だった父の影響で幼少の頃から英語に親しむ。

2000年第1回神戸ジャズヴォーカルクイーンコンテストにて最年少で出場し審査員特別賞を受賞。
関西での活動後、2003年にニューヨーク市立大学City College校音楽学部ジャズ科への合格を機に渡米。
ハーレムに住みながら、現地の教会で毎週クワイヤーメンバーとしてNegro spiritual等を歌うなどして活動。
同時にマンハッタンのジャズクラブ55 Bar にも出演をし独特な声、ユニークな選曲やクリアーな英語発音等に注目を集める。

2006年6月、枚数限定1st アルバム『The Water Is Wide』をリリース。
インターネット上で評判を呼び、スイスやベルギーのラジオで定期的にオンエアーされる。
2008年5月、同大学BFA学士号を取得、また特別にプロ・ミュージック・アワードも受賞し卒業。

2008年7月、活動拠点を日本に移す為、帰国。

それと同時にジャズのインストゥルメンタルで知られる曲のみを集めた『Footprints in New York』
(REM1001輸入版・REM1002日本語帯解説付き)をNYで録音、をRiver East Musicより日米両国でリリース。
歌詞の無い曲には独自で歌詞を付け(英語・日本語)またアレンジもし、
ユニークでクリエイティブなヴォーカリストとして注目を集めている。

2009年2月、NYのジャズクラブCornelia Street Cafeで行われたCDリリース記念ライブを成功させる。
2009年6月、NYのジャズ雑誌Jazz Improv Magazine にてCDが取り上げられ、
そのユニークなコンセプトと歌唱を高く評価される。

帰国後の現在もアメリカと日本で活動を続けており、
2010年4月ニューオリンズのFrench Quarter Festival に出演するなど、国を超えたボーダーレスな活動を続けている。

2011年3月、リトアニアで開催されているInternational Jazz Voices Competition
セミファイナリストに選出され、アジア圏から唯一、また日本代表として出場。

2011年10月、アメリカ人ギタリストJesse ForestとのユニットStar In Green
ファーストアルバム“Star In Green”(REM1003)をRiver East Musicよりリリース。
同年12月、アメリカ・ニューヨークのZINC barや、バーモント州で行ったCDリリース記念ライブで成功させる。

2013年12月、ピアニスト西山瞳との共作アルバム”Travels”(APLS1305)がApollo Soundsよりリリース。高い芸術性によるアンサンブルからなる音楽として多方面で注目を集め、今もなお高い評価を受けている。

2015年4月、ピアニストPhillip Strangeと初となるジャズスタンダードアルバム”Wonderlands”をダイキムジカ・レーベルよりリリース。その高い完成度とインタープレイが高い評価を得、Jazz Japan誌の『今月のニュースター』として大きく取り上げられる。

レパートリーにはジャズスタンダードのみに留まらず器楽曲、オリジナル、Voiceのみでの楽曲などに加え作詞作曲もし、幅広い音楽を高い芸術性をもって聴かせることの出来る唯一無二な存在である。

エデュケイターとしても様々なワークショップやクラスを展開。
日本でまだ珍しいとされる『Jazz Vocal Ensemble』を2012年から大阪にあるMusic Space TODO にて毎年指導にあたっている。
また定期的に『ネイティブのJazz Vocal発音講座』を開催している。

プライベートレッスンでは、ジャンルの垣根を越えた指導に定評があり門をたたく者が多い。生徒にはライブ活動をしているプロシンガーも多く、CD制作やオーディション対策等に加え、海外音楽留学対策も積極的に行うなど、日々後進の指導にあたっている。

IMG_75911 IMG_77211 kaoru (429x640) Kaoru Azuma2